【世界の何だコレ!?ミステリー】世界遺産知床に生息する野生動物って何がいるの?7/17

世界の何だコレ!?ミステリー

【世界の何だコレ!?ミステリー】で

世界遺産知床に生息する野生動物が紹介されます。

この企画は毎年恒例となっており、

人気企画だ。

その世界遺産知床に生息する野生動物は

何がいるんでしょうか?



世界遺産知床とは?

 

知床は2005年(平成17年)7月17日、

に「自然遺産」登録された。

 

なぜ世界遺産登録されたかというと

独特の食物連鎖があり、

冬に海を覆いつくす流氷とともに運ばれてくる栄養分はプランクトンを養い、

海を豊かにする。

それは、アザラシなどの海獣、海鳥やオオワシなど鳥類の命がつながる糧となる。

回遊してきたサケはふるさとの川に遡上し、

そこで山の生き物の餌となり死体は土に返って森を豊かにする。

これら海と山の命の循環が価値を高めている。

また、シマフクロウやシレトコスミレといった絶滅危惧種や希少な動植物が分布しているほか、

ヒグマやエゾシカ、トドやアザラシなど大型の哺乳類が高密度で生息している。

さらに、オジロワシやケイマフリなど国際的に希少な海鳥が繁殖するとともに、

オオワシのような渡り鳥にとっても重要な地域になっている。

このように、多様な生息環境と餌資源を提供している。

自然保護活動については、動植物の保全や生息域である森林や海、

川の管理計画策定のご意見番として「知床世界自然遺産地域科学委員会」を設置、

人の利用と自然の保全の両立を目指す

「知床国立公園利用適正化検討会議」や「知床エコツーリズム推進協議会」などを設置し、

遺産地域の管理計画を自然科学・社会科学の視点から練り上げて立案している。

これらが世界遺産としてふさわしい保護管理ができるとの評価が、遺産登録へと結びついた。

Wikipediaより引用

という説がある。



世界遺産知床に生息する野生動物は何がいるの?

世界遺産知床に生息する野生動物は何がいるんでしょうか?

 

ヒグマ

 

キタキツネ

 

 

エゾシカ

シマフクロウ

タンチョウ

 

シャチ

エゾリス

オジロワシ

 

トド

マッコウクジラ

エゾクロテン

 

他にもいるだろうが、

代表的な野生動物を紹介しました。

 

なかなか馴染みのない動物もいますね。



世界遺産知床に生息する野生動物って何がいるの?まとめ

世界遺産知床に生息する野生動物って何がいるか紹介しました。

寒い地域で気軽にはいけませんが

紹介した動物と会ってみたいですね。