ナイツ土屋鬼嫁と交わした離婚別居条件とは?若い頃と現在の髪形など徹底比較!

2020年12月6日エンタメ

今回は『ナイツ土屋鬼嫁と交わした離婚別居条件とは?若い頃の髪形と現在を徹底比較!』を紹介します!

ナイツ土屋さんの嫁は『恐妻家』として有名でテレビや漫才のネタでも出てきており広く認知されています。

ナイツ土屋の鬼嫁に関する他の記事はコチラ

ネタにはしているものの、離婚するとかそういう話はなく、アメトーークの『奥さん大好き芸人』に出るほど鬼嫁を愛しているようです。

そんな土屋さんが結婚をするときに、

・○○になったら別居

・○○になったら離婚

と衝撃の条件をたたきつけられたそうです。

その条件を飲んで結婚しましたが実際にはこれらの条件で苦しんでいるのだとか・・・。

 

そこで今回は鬼嫁と交わした離婚別居条件を紹介するのとその条件に関する若い頃と現在の比較をしていきたいと思います。

 

ナイツ土屋鬼嫁と交わした離婚別居条件とは?

ナイツ土屋が鬼嫁と交わした離婚・別居条件は以下となります。

 

・ハゲたら離婚

・太ったら別居

 

衝撃な条件ですよね。

たしかに、相手が太ったりハゲたりするのは正直嫌だし気持ちもわからなくもないですがさすがに離婚とか別居ってことにはしないと思います。

太るのは食事とか運動に気を付ければなんとかなりそうですが、ハゲって何とかなるんでしょうか?

遺伝も大きくかかわっているみたいだし少なくとも年齢を重ねるごとに抜けていくばかりなので難しいのでは?と思いますね。

むしろそのような条件をたたきつける鬼嫁にストレスを感じてハゲるなんてこともあるかもしれませんし(笑)

幸い現在は医学の進歩で育毛剤の進化やヘアケアーをするお店も充実していてもしかしたら防げるのかもしれませんが・・・。

実際に効果があるのかは未知数だし、表に出てくることは成功例ばかりですし、失敗例はでてこないのでわからないですね。

 

離婚や別居をしないために努力するナイツ土屋

上記のような条件をたたきつけられていますが、ナイツ土屋さんはしっかり努力しているようですよ。

ハゲに関しては実際にプロペシアという女性ホルモンが含まれている薬を投与して効果を実感しているみたいです。

しかし、弊害もあるようで女性ホルモンを投与することで太ってしまったらしいです。

ですが太らないために普段からスポーツジムに通うなど運動することも心がけているようです。

 

土屋さんのそのような行動からは鬼嫁に対する気持ちが本当に強くて愛しているんだなぁと感じますよね。

また、ハゲに関する薬は分かりませんが、運動を普段から行うってことは健康にもいいことですから、もしかしてそのような計算もして言っているのかもしれませんね。

 

ナイツ土屋若い頃の髪形と現在を徹底比較!

実際に若い頃の髪形と現在の髪形を画像を見て比較してみました。

若い頃

blog-imgs-30.fc2.comより引用

現在

 

元々おでこは広かったようですね。

でも努力の甲斐あってか?後退はしていなさそうですね(笑)

これなら今のところ離婚の心配は無しというところでしょう!

 

ナイツ土屋ハゲに関するTwitter上での反応は?

 

ほとんどがハゲてきたなとか、順調にハゲてきたなとかがかなり多かったです。

昔と比べるとおでこを見せることが多くなったからそう思われているのかもしれませんね。

 

太っていないか若い頃と現在を比較!

若い頃

blog-imgs-30.fc2.comより引用

2014年頃

https://girlschannel.net/topics/89935/より引用

現在

やっぱり一番若いときが一番肉がついていませんね。

気になるのが2014年頃。

かなり太られた印象ですがこれは例の女性ホルモンの副作用なんですかね?詳細はわからないですが現在はその時よりも少しだけシュッとなってる感じですね。

ナイツ土屋太ったに関するTwitter上での反応は?

太ったと思うかたもいるようですね。

とはいえデブと言われるほどではないので別居まではまだ行かないかな?(笑)

 

ナイツ土屋鬼嫁と交わした離婚別居条件や若い頃と現在の髪形などまとめ

ここまで『ナイツ土屋鬼嫁と交わした離婚別居条件とは?若い頃と現在の髪形など徹底比較!』を紹介してきました。

さすが鬼嫁と思う離婚別居条件でしたね。

そのなかでもナイツ土屋さんは苦労しながらも努力しており嫌われないように努めるってことは素晴らしいと思います。

ずっと一緒にいるとどうしても素を見せすぎて関係も悪くなりがちですが、逆に条件が良い作用をしているんじゃないかとさえ思います。

是非これからも頑張っていただいてネタとして世に提供してほしいと思います。