PCR検査費用は保険適用されたらいくらなの?

未分類

現在、世界で猛威をふるっている、新型コロナウイルス。

みなさん不安な日々をお過ごしでしょうし、精神的なストレスもたまりつつありますよね。

 

3月のはじめ頃にPCR検査に保険が適用されることが発表されました。

新型コロナウイルスということで、新しいウイルスに対しての医療対応がどうなっているのか不安ですよね。

 

この記事では、新型コロナウイルスを検査するPCR検査の費用について記事にしました。

新しい病気なので、検査も莫大になるんじゃないかと不安になるかたもいるのではないかと思うので読んでみてください。



PCR検査とは?

PCR検査とは、

Polymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)の頭文字をとってPCRとよばれており、微量の検体を高感度で検出する手法です。

現在、新型コロナウイルスの感染の有無を調べる検査として注目されていますが、

他にも、

  1. クラミジア淋菌
  2. インフルエンザウイルス
  3. 結核菌

等の病原体の有無を調べることができ、

  1. クラミジア性尿道炎
  2. 淋菌性尿道炎
  3. 腎結核
  4. インフルエンザ

等の感染症の検査に用いられているようです。

 

この検査では、

新型コロナウイルスの感染の有無が100%わかるようではなく、

あくまで可能性までしかわからないようだ。

 

PCR検査の方法は?

実際にどのようなことをされるのかってのは、患者さんは心配ですよね。

 

PCR検査の方法は、

疑われる病気によって違いますが、

鼻やのどの奥にある粘液を綿棒でぬぐって採り、そのウイルスを調べる。という方法です。

 

インフルエンザにかかったことがある人は、経験されていると思いますがいかがでしょうか?

私も、実際検査を受けたことがあり、個人的にはそこまで辛くないと思いますが、苦手な人は苦手かもしれませんね・・・。

検査って色々なものがありますが、辛いものもありますからね・・。

私の場合、胃カメラ検査とかね。

PCR検査費用は保険適用されたらいくら?

PCR検査が3月6日から保険適用されましたが、患者さんの負担はどうなったのでしょうか?

3/6からはなんと、

患者さんの検査金額負担は0円です。

 

理由として、検査結果に関わらず公費扱いとなるため、患者さんの負担はないそうです。

ちなみに注意しておきたいのが、検査自体の負担がないだけであって、診察代は負担しなければいけないので間違えないでください。

また、現段階での一時的な措置ですので、新型コロナウイルスが終息すればもとに戻ると思われます。

 

保険適用されていなかった時の費用はいくらだった?

ちなみに、保険適用外だったときはいくらだったのか気になったので調べてみました。

6~70歳で3割負担の患者が、検査機関に検体輸送の必要がある医療機関で検査を受けた場合5850円の負担だそうです。

PCR検査費用についてのまとめ

新型コロナウイルスになったかも?と思った方は検査を受ける検討をされると思いますが、

金額のことに対しては心配ありません。

 

それよりもまず、予防(手洗い、うがい)を徹底してもらい、感染拡大を防ぎましょう!