【鉄腕ダッシュ】「全くテレビ向きじゃない場所」の静岡県三島市・狩野川ってどんなところ?6/30

2019年6月30日鉄腕ダッシュ

6/30に放送される

【鉄腕ダッシュ】の

グリル厄介という企画で

噛まれたらアウト!な危険すぎるアイツとの戦い

という内容が放送される。

その撮影場所が

静岡県三島市・狩野川ですが

「全くテレビ向きじゃない場所」

らしい。

静岡県三島市・狩野川がどんなところか調べてきたので紹介します。



「全くテレビ向きじゃない場所」の静岡県三島市・狩野川どんなところ?

狩野川(かのがわ)は、静岡県の伊豆半島を流れる狩野川水系の本流で、

一級河川。

水系の流域面積は852km2で静岡県の面積の11%を占める。

鮎の友釣り発祥の地という説があるほど友釣りが盛んで、

「狩野川を制すれば全国を制す」と評されている。

源流部では天城山の清流を利用したワサビ栽培が盛んである。

伊豆半島の最高峰、天城山に端を発し北流。

沖積平野である田方平野を蛇行しながら、沼津市付近で大きく向きを変えて駿河湾に注ぐ。

静岡県内の大河川で北流するものは本川だけである。

これはかつて島であった伊豆半島が、

フィリピン海プレートの移動によって本州側のプレートに衝突し隆起したことによる。

また、一級水系の大河川にしては河口付近でもそれほど川幅が広くならない。

これは大支流である黄瀬川が造りだした三島扇状地(黄瀬川扇状地とも)があるためである。

また、水利用の大型ダムがなく、これは一級水系にしては数少ない特徴である。

狩野川水系は、静岡県伊豆市の天城山に発し、

伊豆半島中央部の大見川等の支川を合わせながら北上し、

田方平野に出て、伊豆の国市古奈で狩野川放水路を分派し、

さらに箱根山や富士山等を源とする

来光川、大場川、柿田川、黄瀬川

等を合わせ沼津市において駿河湾に注ぐ、

幹川流路延長約46km、流域面積852km²の一級河川である。

源流にあたる天城山は、年間降水量が3,000mmを越える多雨地帯であり、

豊富な水量と良好な水質により古くから繊維業、製紙業、醸造業等の発展に寄与してきた。

特に、天城山の清流を利用したワサビ栽培は、全国一の生産額を誇っている。

一方で、標高差が大きく流れが急なことや、下流部で蛇行することもあり、古くから洪水が多発した。

また、狩野川流域は火山地帯であり、

箱根山・愛鷹山・富士山・天城山・達磨山などの第四紀火山や、

新第三紀に形成された火山性地層からなる静浦山地などに囲まれる。

そのため流域の多くが脆弱な火山岩及び火山噴出物で地質が構成され、

大雨などで崩壊しやすいことも洪水の要因である。

wikipediaより引用

自然豊かなところで

鮎釣りも盛んな場所なんですね。



なんで静岡県三島市・狩野川は「全くテレビ向きじゃない場所」なの?

調べたところ、

何が要因で

「全くテレビ向きじゃない場所」

と定義されているかわかりません。

逆に自然豊かすぎるということか(笑)

真相は放送後に追記します。

追記:駆除困難な沼ということで水深が深く足がとられるという

理由で「全くテレビ向きじゃない場所」だそうです。



「全くテレビ向きじゃない場所」の静岡県三島市・狩野川ってどんなところ?まとめ

「全くテレビ向きじゃない場所」の静岡県三島市・狩野川ってどんなところ?を紹介しました。

「全くテレビ向きじゃない場所」の理由が分かりませんが、

放送後に追記します。

追記:人間が入るにはかなり苦労する場所という事でした。

 

関連記事
【鉄腕ダッシュ】グリル厄介で紹介される、稲を食い尽くす南米産の動物って何?|8/3
【鉄腕ダッシュ】噛まれたらアウト!な危険すぎるアイツとは何?6/30
鉄腕ダッシュ|竹の花が咲くのは天変地異や伝染病の予兆?|6/16