【つぶれない店】中華街の行列店シェフがこよなく愛する中国野菜って何?|6/30

つぶれない店

6/30に放送される

【つぶれない店】で紹介される

中華街の行列店シェフがこよなく愛する芸術的な国産野菜とはなにか?

予想したいと思います。



中華街の行列店シェフがこよなく愛する中国野菜って何?

中華街の行列店シェフがこよなく愛する中国野菜は千葉県で生産されておるとのこと。

千葉県で生産されている野菜を調べたところ

レタス

トウモロコシ

キャベツ

さやえんどう等

いろいろなものが出てきましたが、

その中で中国野菜と言われる野菜がありました。

それは・・

チンゲン菜

ターサイ

この二つのどちらかだと予想します。



中華街の行列店シェフがこよなく愛する中国野菜の特徴

中華街の行列店シェフがこよなく愛する中国野菜の特徴を調べました。

まずはチンゲン菜

中国野菜で日本人にとって一番馴染みのある野菜

原産は中国華南地方。

露地ものにおいては秋が旬とされているが、生育期間が40日から50日と短いうえ、気温の変化に比較的強いことから、

日本国内では静岡県、長野県、埼玉県などの主産地におけるハウス栽培の活用により、1年中市場に出回っている。

家庭でも栽培でき、露地栽培やプランター栽培が適している。

葉は緑色、肉厚な軸の部分は淡緑色をしており、やわらかく歯切れが良い。アクが無く、

煮崩れないため、炒め物のほかに、スープや煮込み料理によく用いられる。

主な栄養素はビタミンA、ビタミンC、β-カロテン、カルシウム、カリウム、鉄分、食物繊維。チンゲン菜は秋が旬とされているが、

wikipediaより引用

チンゲン菜は馴染みがありよく知っている野菜だと思います。

豊富な栄養素が含まれていることは知りませんでした。

 

次にターサイ

中国原産。

葉は濃緑色で厚い。

茎が短く、地面を這うように横に広がる。漢字表記「塌菜」の塌はその様子から「つぶれた」という意味である。

旬は11-5月で耐寒性が強く、-8℃から-10℃まで耐える

霜や寒さに遭うと甘みが増す[1]。カロチン、ビタミンC、鉄分が多い緑黄色野菜の一つ。

繊維は少なくて柔らかく、火の通りがよい。

味は淡泊で癖がなく、炒め物など様々な用途に広く使われる。

wikipediaより引用

ターサイはあまり馴染みがないのではと思います。

見た目に特徴がありますよね。

今回【つぶれない店】で紹介されるにあたって

芸術的な中国野菜

と表現されているので

もしかしたら中華街の行列店シェフがこよなく愛する中国野菜は

ターサイなのかもしれません。

 



中華街の行列店シェフがこよなく愛する中国野菜って何?まとめ

中華街の行列店シェフがこよなく愛する中国野菜について紹介しました。

予告動画を見る限り、

中華街の行列店シェフがこよなく愛する中国野菜はチンゲン菜なのかなと思いますが、

芸術的な中国野菜

と言っているのでターサイの線もありうる。

どちらにしても、放送で分かることなので確認し

追記します。

追記:空心菜という中国野菜でした。

はずしちゃいましたね。

関連記事

【つぶれない店】中華街にあるプロ御用達のスーパーの店名は?どこにある?どんな食材があるの?|6/30

【つぶれない店】中華街でシェア8割の中華鍋とは!?どこで作ってるの?