水道民営化のメリット・デメリット【Twitterで話題】

Twitterで話題

水道民営化がTwitterで話題となっております!

この他にも否定的な意見が多数ツイートされておりますが、
そもそも水道民営化って何?って思われている方は多いんじゃないでしょうか?

そこで、そもそも水道民営化って何なのか?
加えてメリットとデメリットを紹介していきます!

水道民営化って何なのか?

本当に簡単に説明させていただくと

現時点では、国が水道を管理しているのが、
今回話題となっている、民営化にすることで、民間の企業が水道を管理していくようになるということです!

過去に郵政民営化で話題になったことはご存知でしょうか?
郵便局が民営化されことですが、今回は水道界でこのような出来事がおこるかもしれないということです!

では水道民営化になることによってのメリットやデメリットを紹介していこうと思います!


水道民営化のメリット

水道民営化のメリットとしてこのようなメリットが挙げられています。

1. 既存債務の削減

2. 財政負担のない水道環境の維持

3. 経済合理性に基づいた経営の効率化

4. マーケットリスクの移転

5. 顧客サービスの向上

だそうです。


水道民営化のデメリット

水道民営化のデメリットとしてこのようなことが挙げられています。

・水道料金の値上げ

・水質の低下と株主への高配当・役員への高報酬

・海外企業による買収

が挙げられています。

消費者にとって値上げっていうのはかなりマイナスですよね。
実際過去にイギリスで水道の民営化を行ったようで、上記のような問題が発生したようです!


水道民営化のメリット・デメリットのまとめ

水道民営化のメリット・デメリットを紹介しました!

一応、メリットもデメリットもあるようですが、国民は政府に対しての不信感もあり反対意見が圧倒的のようですね。
私としては本当に国民にメリットがあるのならば説明する義務があると思うし、
デメリットも表面化しているようなので反対意見が多いのもしかたないですね。

誠意をもって説明責任を果たしてほしいです。